M&Aのメリットを知れば利用したくなる!

企業の合併と買収

握手

両方の利益になるのです

経済ニュースを読んでいると、M&Aに関する記事を目にすることがあります。一種の専門用語になりますので知らない人も多いM&Aとは、簡単に言えば企業の合併や買収のことを指す言葉です。知っている人でもどちらかというとマイナスイメージを、持たれていることがあるのが残念でなりません。何故ならばM&Aは、飼い主側と売主側の両方にとってメリットがあることだからです。相互理解があって友好的に勧められた場合は、基本合意書を用いて取り決めがされ約定が交わされます。他にも方法はありますが、友好的に進められる場合は互いにメリットがあるからです。しかし売り主側の理解を得ようとせずに飼い主側が一方的に、M&Aを行おうとすることがあります。いわゆる敵対的買収と言われるスタイルで、売り主側の所有する株などを買い取るといった方法で経営陣の力を弱めていくのです。そのようなことにならないためにも、現在では数多くの仲介業者があるため、まずは相談してみるとよいでしょう。しかし現実には売り主側の後継者問題や資金不足の解消、将来の不安を解決できるというメリットがあります。買い主側では市場の拡大や新規事業への参入などの、目的が達成しやすくなるというメリットがあるのです。現実に二番手と三番手の業者同士が合併することで、一番手を抜いてトップに躍り出ることになった企業も多数あります。これからも経営不振を脱却し、事業の拡大を推し進める企業が多いのでM&Aは増加の傾向にあるのです。