M&Aのメリットを知れば利用したくなる!

企業経営戦略の実行手段

社内

目的や種類

企業が成長を続けていくためには、明確に経営目標を設定する必要があります。その経営目標を達成するために企業戦略の実行手段として、M&Aのメリットを考慮することも重要です。一般にM&Aとは、企業の買収売却、合併、事業譲渡、共同事業、参加資本、業務提携などの種類があります。そして、それらは企業戦略を実行する手段としてのさまざまな企業行動の総称といえます。企業は、各自の置かれている企業環境を把握し、M&Aを含めて実行可能かつ適切な企業行動を選択することが成長のために重要です。企業買収を機能的に大別すると、横断的拡大、縦断的拡大、および広域的拡大があります。縦断的拡大のための企業買収は、商圏が同じ同業他社を買収する方法です。これは、既存市場での市場占有率を拡大するというメリットがあります。あるいは商圏が異なる企業を買収し、既存商品の新市場への進出を指向するものです。縦断的拡大のための企業買収は、川上あるいは川下への進出です。そのため原材料の安価な安定的供給を確保できるというメリットがあります。あるいは、製品の販売力が強化というメリットのために、企業を買収します。また広域的拡大のための企業買収は、多角化した企業を買収することにより、商圏の地域的拡大と商品や製品の種類が拡大できるメリットがあります。M&Aを形態的に大別すると、合併、事業譲渡、株式取得による資本参加、合併企業の設立、業務提携などがあります。