M&Aのメリットを知れば利用したくなる!

社内

企業経営戦略の実行手段

M&Aは、経営目標を達成するためにメリットを含んだ戦略実行手段といえます。企業は自らの置かれている環境を把握し、M&Aを含めて実行可能で、しかも適切な行動の選択が重要です。また企業買収は機能別に大別されており、目的やメリットが異なります。

成功を掴む

男女

スピード化社会に対応

M&Aは、数々のメリットを生み出します。例えば、事業を一気に拡大してシェアを伸ばしたり、時間がかかる人材育成を行なう代わりに優秀な人材を確保したり、経営資源を確保する事が出来ます。しかし、やみくもにM&Aを行っていいわけではありません。M&Aを成功させるには、いくつか重要なポイントがあります。まず最初にあげるべき点は、買収する企業の風土が自社の風土とマッチするかしっかり精査する事です。M&Aの方法として必ず企業精査を行いますが、その際事業内容や財務状況だけチェックするのではありません。一緒に働く社員同士が協力し合ってより大きな効果をもたらすためには、お互いの企業風土が重要になるのです。似た風土であれば、メリットがすぐに出て事業規模の拡大や収益改善を確実に進めていく事が出来るでしょう。精査をしっかり行った後はM&Aの交渉を開始しますが、M&Aを簡単に行うには株式を譲渡する方法があります。この方法によって、会社の取引をそのまま継続させる事が出来たり、子会社として丸ごと引き継ぐ事が出来るというメリットがあります。また事業単位で譲渡する方法にも、大きなメリットがあります。それは、欲しい事業だけを引き継ぐことが出来ますので、不要な事業や債務を除外させる事が出来ます。いずれにしましても、自社の現状と将来の展望に合致した方法を選択して、M&Aを進めていくと良いです。M&A仲介業者の助言の元、着実に進めていきましょう。

握手

企業の合併と買収

企業同士が合併し買収することを、総称した言葉がM&Aになります。この言葉は企業の乗っ取りといったマイナスイメージがありますが、実はそんなに悪いことばかりではありません。後継者問題や経営不振を改善し、合併することでシェア拡大に繋がるというメリットがあるのです。

ビル

簡潔さを求めるなら

市場のシェア拡大、弱点の強化、新規分野への参入等、どれをとっても手っ取り早く行うことができます。またM&Aは買い手だけでなく、売り手にもメリットがある手段です。後継者探しや事業承継に係る費用不足を心配することなく簡潔で質の高い承継を行うことができます。